〒171-0022  東京都豊島区南池袋3-18-36富美栄ビル601

お電話でのお問合せはこちら
03-6914-2357
受付時間
10:00~17:00
定休日
土曜・日曜・祝日

お問い合わせはお気軽に!

創業計画書の書き方

 日本政策金融公庫に創業融資を申し込む際には、「創業計画書」を作成する必要があります。
 融資の審査担当者は
創業計画書から、事業計画が実現可能であるか、合理的か、融資をきちんと返済することができるかなどを総合的に判断します。
 よって、
創業計画書は非常に重要です。


 なお、当事務所ではお客様との打ち合わせを踏まえた上で、創業計画書の大部分を当方が作成いたしますので、ご安心下さい。
 ここでは、創業計画書の書き方に関するポイントをまとめております。また、日本政策金融公庫が公表している創業計画書(美容業記入例)と併せてご確認ください。

創業の動機

 「なぜ美容院を開業しようと思ったのか」、について記載します。
 正解はありませんが、内容に関しては千差万別で、オリジナリティが最もアピールできる箇所でもあります。
第三者を納得させられる内容にまとめましょう。

経営者の略歴等

 これまでに培ってきた経験やスキル、実績等が開業にいかに役立つのかをアピールできるようにしたいところです。
 美容院・美容室で経験を積まれている方がほとんどだと思いますので、お勤めになっていた美容院・美容室で特別な役割を任されていた、特別な賞を受けたなどの功績があれば積極的に記載して自己アピールをしましょう。

取扱商品・サービス

 取扱うメニューとその料金について、売上のシェア別に記載しましょう。

取引先・取引条件等

 販売先には「一般個人」と記入しましょう。
 仕入先は、実際の仕入先を記入します。

従業員

 開業時の従業員の予定人数を記入します。

 

お借入の状況

 融資申込み時点で、住宅や自動車などのローンや、カードローン・消費者金融などからの借入などがあれば記入します。
 プライベートで借り入れをしているものを隠したいと考える方もいらっしゃるかもしれませんが、審査の過程で必ずチェックされる事項ですので、誠実に記入しましょう。

必要な資金と調達方法

 必要な資金は、「設備資金」「運転資金」とに分けて記載します。
 設備資金には、外装・内装工事費用、各種機材・備品類、店舗の保証金などを記入します。工事費用や保証金などについては見積書を事前に準備し、創業計画書と合わせて提出できるようにしておきましょう。


 運転資金には、2~3ヶ月分の仕入れ費用、人件費、家賃、リース代、税理士等への報酬、広告宣伝費などを記入します。


 調達の方法は、上記の必要な資金の合計金額をどのように調達するのかを記入します。
 流れとしては、今回の融資で用意できる自己資金の金額を記入し(親族からの資金援助・借入があればそれも記入します)、必要な資金と自己資金の差額分を「日本政策金融公庫からの借入」に記入します。


 最終的に、「必要な資金」の合計額と「調達の方法」の合計額を一致させましょう。

事業の見通し

 事業の見通しでは、「創業当初」と「軌道に乗った後」のそれぞれについて利益計算をします。注意点としては、ここで算出した利益の金額で借入金の返済に充てることとなりますので、利益は借入金の返済金額を上回るように金額を設定する必要があります。


 はじめて創業される方の場合、この部分についてはかなり難易度が高いのではと考えます。今後発生する売上高や経費の概算額を見積もらなければならないわけですが、その金額もざっくりと大雑把なものであってならず、ある程度の信頼性・客観性のあるものである必要があります。


 売上であれば、客単価と客数、回転数、一ヶ月当たりの営業日などを基に計算するなど、シンプルな方法により求めれば数字は求めやすいと思います。
 金額の予想についてはあまり高望みをせず、現実的で無理のない範囲で設定するようにしましょう。

 ここまで、創業計画書の書き方についてみてきましたが、いかがでしたか。
 上記の流れで特に記入が難しいと考えられるのが、
「7.必要な資金と調達方法」「8.事業の見通し」なのではないかと考えます。


 岡本税理士事務所では、これらの金額的な裏付けをする箇所について重点的に、お客様と相談し合いながら、妥当な数値を決定するサポートをいたします。
 皆様の開業したいという熱意に応えられるように全力バックアップいたします。
 初回のご相談は無料となっておりますので、お気軽にご相談下さい。

その他ページのご紹介

当事務所の開業相談の具体的な業務内容をご紹介しているページです。

漠然とご開業を思い描いている方もご相談いただけます。

 

当事務所の創業融資支援の具体的なサービス内容をご紹介しているページです。

専門家に相談するかお悩みの方も、まずは一度ご覧ください。

当事務所の融資支援サポートをご利用いただいたお客様の声をご紹介しているページです。多くの喜びの声をいただいておりますので、ぜひご覧ください。

 

インフォメーション

お問い合わせ・ご相談
03-6914-2357

美容院・美容室の開業融資・創業融資に関するお問合せは、お電話・メールで受け付けています。
予めご連絡いただければ、平日の遅い時間や土日祝日におきましても喜んで対応させて頂きます。

受付時間/定休日
受付時間

10:00~17:00

定休日

土曜日・日曜日・祝日

アクセス

〒171-0022
東京都豊島区南池袋3-18-36
富美栄ビル601
JR池袋駅 徒歩8分